ナビロフト救済基金

「ナビロフト救済基金」は、コロナ禍の影響により、存続の危機に面している名古屋市天白区の小劇場「ナビロフト」を直接支援していただける基金です。6月7日(日)17時から実施いたします。以下、ご参照の上、支援コース詳細は「ナビロフト支援に進む」をクリックの上、ご参照下さい。

実施期間:2020年6月7日(日)17時〜8月10日(月/祝)23時

 7月3日、おかげさまで「ナビロフト救済基金」は最初の目標額1,800,000円を突破しました。沢山の皆様からのご支援、本当にありがとうございます。これは、年内(2020年)の固定維持費(家賃、光熱費など、30万円×6ヶ月)の補填に当てさせて頂く予定です。ありがとうございます。

 世間では規制緩和が足早に始まりましたが、劇場は未だ静かなままです。今後、劇場「再開」に向けては、様々なガイドラインのもとでの段階的な「再開」が必要になり、その対策経費(空気清浄機の設置、換気設備の見直し、受付・ロビー等の飛沫防止対策、消毒・検温設備、等々)も決して小さなものではありません。さらに、客席数間引きによる利用団体の収入減への対応も考慮する必要があります。まだまだ先の見えない状況ですが、ナビロフトは 7 月、劇場「再開」に向け、歩を進めようと思います。「ナビロフト救済基金」は第二目標学を設定させていただいた上、8月10日まで実施させて頂き、ご支援については、これら「再開」へ向けての経費に当てさせていただきたいと思います。

 劇場は、演劇文化の プラットフォームです。慎重に、それでもしっかりとした足取りで小さな歩を進められたら と考えています。第二波も懸念され、先の見通しが全く立たない現在ですが、劇場が動き出 すことにより、これからの演劇文化の可能性を模索するきっかけになればと思います。

 皆様方におかれましても厳しい日々をお過ごしと存じますが、引き続き、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し 上げます。劇場の灯を末長く存続させるため、私たちスタッフは最大の努力を行う所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。(7月6日・劇場プロデューサー 小熊ヒデジ)

【ナビロフト救済基金】は、コロナ禍の影響により窮地にあるナビロフトが独自に立ち上げた基金で、ナビロフトを直接支援していただけるものです。ナビロフトは2020年4月〜7月、公演利用団体ゼロの状態にあり、閉鎖の危機に直面しています。先日、緊急事態宣言は解除となりましたが、コロナ禍の状況は予断を許さず、夏以降の利用予定も中止・延期の可能性を否めません。段階的な「再開」を迎えた場合でも、公的なガイドラインに従い、館内の消毒、観客やスタッフの検温、マスク着用、空気清浄設備、換気対策、飛沫対策などは必須となり、それにかかる費用は小さなものではありません。また、利用団体に対する客席間引きによる収入減への対応も考慮する必要があります。ナビロフトは1994年に開設し、2016年以降は新体制をとり「地域に根ざし、全国とつながる劇場」を目指して活動してきました。多くの協力者の皆様、アーティストの皆様、観客の皆様に支えられ、ナビロフトの今日があります。私共スタッフはこのコロナ禍の中、舞台芸術文化のプラットフォームであり、地域の文化拠点である劇場の灯を守るべく、日々劇場存続に向けて努めて参りましたが、私たちだけの力ではこの非常事態を乗り切ることが難しいのが現実です。皆様方におきましても厳しい日々が続いていることと存じますが、是非ともご支援賜りますようお願い申し上げます。(ナビロフトからのご挨拶 ☞

​■目標金額/いただいた支援の使い方

□第二目標金額:250万円

◎ナビロフトの月々の固定経費(家賃約25万円、電気代約3万円、ガス・水道代約0.3万円、通信費等事務費約1.7万円、合計約30万円)への補填、また、劇場「再開」に向けての完成予防対策経費(空気清浄機の設置、換気設備の見直し、受付・ロビー等の飛沫防止対策、消毒・検温設備、等々)などに当てさせて頂く予定です。

◎7月3日、おかげさまで「ナビロフト救済基金」は最初の目標額1,800,000円を突破しました。沢山の皆様からのご支援、本当にありがとうございます。これは、年内(2020年)の固定維持費(家賃、光熱費など、30万円×6ヶ月)の補填に当てさせて頂く予定です。ありがとうございます。

 

​■ご支援に対するリターンについて

ご支援いただいた皆様に、リターン(お礼)をご用意させていただきました。金額によってリターが違いますので、詳細はこちらをご参照下さい

□サンクスメール

ナビロフトスタッフより、お礼のメールを差し上げます。

 

□お名前の掲載

お名前の、ナビロフトHP掲載・劇場(ナビロフト)ロビー掲載。

□オリジナルステッカー

ナビロフトオリジナルステッカー。新作です。

 

□オリジナル手拭い

ナビロフトオリジナル手拭い。新作です。

 

□オリジナルTシャツ

ナビロフトオリジナルTシャツ。新作です。

□主催・共催公演記録映像視聴

ナビロフト主催・共催公演の公演記録映像の視聴をしていただけます。

・NAVI LOFTクリエイション企画①『さかさま』

・NAVI LOFTクリエイション企画②『りら、りらら、』

・Visitors|虚空旅団公演『Voice Training』

・地域とつながるプログラム|虚空旅団公演『アトリエのある背中』

□主催・共催公演ご招待券  

2020年12月以降の、劇場主催・共催公演へご招待差し上げます。​

□「蜜々飲み会」ご招待 

コロナ禍収束後、ナビロフトスタッフとの飲み会にご招待差し上げます。

□「あなたの人生/社史を舞台化します!」権   

札幌「生活支援型文化施設コンカリーニョ」のオリジナルプログラムを、許可を得て、ナビロフトでも実施します。

※ステッカー、手拭い、Tシャツのデザインは、ヨコヤマ茂未さんです。

※配信映像は記録用映像です。編集・録音・カメラワーク等十分ではありませんのでご了承ください。

​※配信映像『Voice Training』、『アトリエのある背中』は、虚空旅団様のご好意により配信します。

 

​■ナビロフトの活動

ナビロフトは、「地域に根ざし、全国とつながる劇場」を目指し、活動を続けています。創造・支援・交流・発信・育成などを念頭に置き、様々な自主企画を展開しています。(プログラム名クリックで、詳細へリンクします/リンク先画像に一部不具合が見られます。順次修正いたしますので、あしからずご了承下さい)

□地域とつながるプログラム  

遠方からのカンパニーを積極的に受け入れるためのプログラムです。これまでに東京・三重・大阪・京都・沖縄などから来名、他地域との文化交流を深めています。ツアー公演をサポートし、より良好な環境での公演を提案・運営しています。名古屋初登場のカンパニーも多数。

□Visitors(ビジターズ)

北村想氏が塾⻑(現在は名誉塾⻑)を務める、伊丹市アイホールの劇作家育成講座「想流私塾」(現在は想流劇塾)とナビロフトのコラボ企画。「想流私塾」出身の劇作家が主宰する5団体・7公演を招聘。いずれも名古屋初登場。第二回目の開催を模索中。

□ロフト DE クリスマス   

毎年クリスマスの時期に実施する主催事業。地域の親子や、カップル、普段演劇を観ない方々にも観劇を楽しんでいただけるよう、観劇料金を安価に抑え、プログラムを厳選してお贈りする、劇場発のクリスマス・プレゼント。

□INDEPENDENT:NGY(インディペンデント ・ナゴヤ)

大阪を拠点として全国8都市で展開する〈最強の一人芝居フェス〉東海版。それまでは名古屋・三重と持ち回りだったが、2017 年よりナビロフト開催に定着。アーティストにとっては他地域公演へのチャンネルを持つ、観客にとっては当地域・他地域のアーティストに1日で多数触れられる機会を提供している。

□LOFT セレクション  

アーティストと並走し、地域演劇シーンの活性化に尽力するナビ ロフトが、将来を期待したい若手カンパニーや、伸び盛りの中堅カンパニーを支援するプロ グラム。これまでに「星の女子さん」、「刈馬演劇設計社」の公演を実施。 

□NAVI LOFT クリエイション企     

ナビロフトのプロデュースにより、公演を製作するプ ロジェクト。これまでに『さかさま』、『りら、りらら、』の二作品を上演。劇場から全国へ発信する作品作りを目指す。

□ナビイチリーディング    

日本劇作家協会東海支部とナビロフトの共同主催により実施している、劇作家育成企画。毎回戯曲を公募し、リーディング上演、ブラッシュアップのための ディスカッションなどを行い、劇作家育成と併せ、より豊かに、より深く、観客の皆様には演劇を楽しみ、アーティストの皆様には創作の糧となるような、そんな場所を目指している。

★ ナビロフトplus ★

 ナビロフトは2020年7月、劇場「再開」に向け、歩を進めます。劇場は、演劇文化のプラットフォームであり、地域の文化拠点です。慎重に、それでもしっかりとした足取りで小さな歩を進められたらと考えています。第二波も懸念され、先の見通しが立たない現在ですが、劇場が動き出すことにより、これからの演劇文化の可能性を模索するきっかけになればと思います。皆様のご支援賜りますよう、お願いいたします。

ナビロフトplus_ロゴ2.jpg
 

ナビロフトで上演された作品

​■メッセージ 

*ナビロフトにゆかりのある方々、演劇関係者の方々からの応援メッセージを順次更新・掲載しています。

​*以下、到着順です。

□中村ケンシ(空の驛舎)from大阪

​□高橋恵(虚空旅団)from大阪

□くるみざわしん(光の領地)from大阪

□渡山博崇(星の女子さん)from名古屋

​□佃典彦(劇団B級遊撃隊)from名古屋

​□北村想(劇作家)from名古屋

□金原祐三子(avecビーズ)from名古屋

​□林慎一郎(極東退屈道場)from大阪

​□鹿目由紀(劇作家・演出家・劇団あおきりみかん)from名古屋

​□小島祐未子(編集者・ライター)from名古屋

​□小堀純(無宿編集者)from大阪

​□刈馬カオス(刈馬演劇設計社 劇作家・演出家)from名古屋

□振り袖かを里 こと 船戸香里 from大阪

□松浦茂之(三重県文化会館)from三重

□天野天街(少年王者舘)from名古屋

□望月勝美(編集者・ライター)from名古屋

□澄井葵( ,5 ・演出家)​from名古屋

□長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ 代表・虚構オメガ 主宰)​from名古屋

□天野順一朗(劇団「放電家族」/ 舞創集團「綺兵隊」)​from名古屋

□中内こもる​(俳優・劇作家・構成作家・詩人)​from名古屋

​□角田達朗(空宙玩具〈TACO〉・愛知淑徳大学教授)from名古屋

安住恭子​(演劇評論家)from名古屋

□はしぐちしん(コンブリ団)from京都・三重

□柄本明(東京乾電池)from東京

□山内崇裕(折込みネットワーク/Art & Bridal Ritter代表)from名古屋

□工藤千夏(うさぎ庵/渡辺源四郎商店)from東京/青森

□岩井秀人(ハイバイ・WARE 代表)​from東京

□岡田保(かすがい創造庫/舞台美術家/演劇組織KIMYO)​from名古屋

□西尾武(妄烈キネマレコード)​from名古屋

□関戸哲也(空宙空地/劇作・演出・俳優)​from名古屋

□寺十吾(tsumazuki no ishi代表/俳優・演出家)from東京

□菊正(キクマサプロジェクト)from名古屋

□新井章仁(劇団ビーチロック主宰)from沖縄

□はせ ひろいち(劇作家、演出家、劇団ジャブジャブサーキット代表)​from名古屋

 

■ナビロフトからのご挨拶■​

 新型コロナウイルスの影響により、ナビロフトで予定されていた公演の中止・延期が相次いでいます。2020年4月〜7月の公演利用団体はゼロとなり、収入が途絶えました。1日も早い回復を願い、私共スタッフは日々、劇場維持に努めていますが、現状のままでは、ナビロフトは閉鎖せざるを得ないという窮地に直面しています。

 年間、延べ約30団体の皆様に公演利用いただいているナビロフトですが、2020年度の利用予定は、現時点では夏以降の8団体に留まり、さらに公演日の確定もできない状態で、さらなる公演中止を視野に入れざるを得ず、年内の見通しがまったく立てられない状況にあります。先日、非常事態宣言が解除となり、今後様々な制限が徐々に緩和されていくと想定されますが、すぐに元通りになるわけではなく、各種規制などの元での段階的な「再開」になり、その際に必要となる経費も決して小さなものではありません。また、利用団体に対する客席間引きによる収入減への対策も考慮する必要があります。

 2016年のリニューアル運営開始以降、ナビロフトは「地域に根ざし、全国とつながる劇場」を目標に掲げ、活動を続けてきました。多くの自主事業も行い、地域舞台芸術文化発展に寄与してきました。たくさんの皆様のご協力に支えられ、たくさんの団体の皆様にご利用いただき、たくさんのお客様にご来場いただき、現在まで運営を続けてくることが出来ました。この劇場の灯を守るべく、このまま閉鎖に追い込まれることはなんとしても避けるべく、ナビロフトを直接支援していただく「ナビロフト救済基金」を立ち上げることにいたしました。​皆様方におかれましても厳しい日々が続いているところを恐縮ですが、是非ともご支援・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 劇場は、舞台芸術文化において重要なプラットフォームであり、地域にとっても大切な文化拠点です。ナビロフトは今後も、創造・発信・育成・支援・交流・環境整備等を目的とした活動を展開していく所存です。ご支援、ご協力賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

2020年年6月7日

ナビロフト プロデューサー:小熊ヒデジ

mail:naviloft1994@gmail.com

​tel:090-9929-8459

 

ナビロフトは、以下の二つの全国的な小劇場救済クラウドファンディングにも参加しています。

詳細はこちらから。

全国小劇場ネットワーク クラウドファンディング

​※終了しました。沢山のご支援、ありがとうございました。

全国小劇場ネットワーク/ロゴ.png

全国小劇場ネットワークリレー動画 part1(ナビロフト登場します)

​全国小劇場ネットワークリレー動画 part2

小劇場エイド基金

※終了しました。沢山のご支援、ありがとうございました。

%E5%B0%8F%E5%8A%87%E5%A0%B4%E3%82%A8%E3%

全国小劇場の旅 ♯19 ナビロフト

※「小劇場エイド基金」へは、2,909名の皆様から、総額22,001,899円のご支援をいただきました。沢山のご支援、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

 

クラウドファンディング最終日に行われた5時間半のイベント「小劇場エイドlive」のアーカイブ。冒頭6分頃からナビロフト登壇。

全国小劇場ネットワークリレー動画 全参加劇場ver.

※「全国小劇場ネットワーク クラウドファンディング」へは、1,055名の皆様から、総額13,105,000円のご支援をいただきました。たくさんのご支援、ありがとうございました!心から感謝申し上げます。

 

■メディア■​  ※順次更新中/画像クリックでリンクします。

毎日新聞2020.06.14.jpg

【毎日新聞/2020年6月14日】表現の灯は消えない/コロナ禍と東海地方の演劇

NAVI LOFT   since 1994

​「ナビロフト救済基金」の実施期間は終了しましたが、

窓口はしばらくの間開けてありますので、引き続きご支援可能です(2020年8月11日)。

〒468−0052

名古屋市天白区井口二丁目902

TEL/FAX:052-807-2540

Mail:naviloft1994@gmail.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now
Visitors・光の領地「振って、振られて」ナビロフト公演舞台写真元データ